痛みQ&A

痛みは、身体に何か異常が起きていることを知らせるサインです。

生まれつき痛みを感じることができない先天性無痛症という病気があります。何が危険かを学習することができないため、高いところから飛び降りると危ないことがわかりません。

また糖尿病が進行すると、糖尿病性神経障害という合併症になることがあります。感覚が鈍くなるので、小さな傷ができても気づきません。その結果、組織が腐るまで放っておいて、切断を要するといったケースになることもあります。

がんの場合は、初期には痛みがないため、病気に気づくことができません。

痛みや不調の原因には、もちろん病気や怪我、加齢も考えられます。

ですが、そういったはっきりとした原因があるものよりは、ふだんの姿勢の悪さであったり、偏った筋肉の使い方をしているケースが多いんです。

こういった状態が長く続くと、気分がうつうつし、仕事に身が入らず、毎日がつまらないといったことにもなりかねません。

痛みや不調は「主観的で個人的」なものなので、なかなか人には程度がわかってもらえません。

野々市市のまごころ整体院ではお話をしっかりとうかがい、患者さまからもなんでもおっしゃってほしいと思っています。